ペニスはトレーニングによってサイズアップが可能です。

ペニス増大トレーニング

ペニスは日常的に鍛える事でサイズアップする事も可能です。
ここでは、ペニス増大効果のあるトレーニングをまとめました。

 

勃起を繰り返す

ペニスを大きくするには、血液を多く循環させる事が大切です。
勃起はペニスに血液を集中させる事で起こる減少です。
勃起をさせては、一度休ませて、時間をあけてから再度勃起させる事を繰り返しましょう。
ペニスの血液循環が活発になり、血管が拡張されていくとペニス増大に繋がります。
ポイントは、勃起をさせた時にすぐに射精をさせてしまうと、次にトレーニングする時の勃起力が弱くなります。射精させる事は控えて、勃起を繰り返す事が大切です。

 

マッサージをする

ペニスはマッサージをさせる事で血流がよくなりサイズアップできます。
簡単なやり方を紹介すると、竿の根元を指でつまんで、先端に血液を送るような感覚で優しくマッサージを行います。毎日継続して10分以上行う事が必要で、入浴中など血液循環が良くなっている時にマッサージすると効果的です。
ほかにもマッサージではなく、根元から強く引っ張ったり、左右にひねりながら引っ張る動作を繰り返すと、埋没している竿が表面に出てきて長くなります。

 

竿を物に叩きつける

科学的な根拠は少ないですが、古くから有名なペニス増大トレーニングです。
アフリカの一部の地域では、子供が日常的に木に向かってペニスを強く叩きつけてトレーニングをしています。
実際にこうしたトレーニングが盛んな地域では、ペニスのサイズが大きい傾向が顕著に現れています。

 

セックスを繰り返す

セックスは男性ホルモンの分泌を促進して、適度な摩擦で自慰行為以上にペニスに刺激が加わります。若いうちからセックスを頻繁に繰り返すと、強くたくましいペニスになりやすいと言われています。
ただし1日に複数回やりなど、射精のしすぎは勃起不全になったり血液不足に陥るリスクがあります。

 

 

サプリメントとトレーニングの併用で効果を倍増

ペニス増大のためのトレーニングは様々な方法がありますが、全てのトレーニングに共通して言える事は、サプリメントで栄養補給をしながらやると効果的です。
トレーニングと栄養補給を効率的に行うと、必要な栄養の吸収効率もよくなり大きな相乗効果が見込まれます。

 

トレーニングだけしても効果を感じない方は、トレーニングを継続しながらサプリメントを導入してみるとよいでしょう。