精力剤で効率良く栄養を摂り入れることもペニスの大きさには大事です。

ペニスの大きさが決まる要因

ペニスの大きさが決まる要因があるとされる噂をまとめました。

 

有名な話には次のものがあります。

 

  • 遺伝
  • 栄養
  • 鍛え方

 

それぞれ詳しく紹介します。

 

 

遺伝

ペニスの大きさは遺伝によって決まる部分も少なからずあります。
実際に親のサイズが大きいと、子供も大きい可能性が高く、赤ちゃんの時点で大きい子と小さい子がいるとされています。
しかし、遺伝が与える影響度は医学的解明によって少ないという諸説が増えてきました。

 

詳しくは「後天的なペニスの増大は可能」のページで紹介しています。

 

 

栄養

ペニスは必要な影響補給ができると大きくなります。
ペニスが必要な栄養には次のものがあります。

  • シトルリン
  • アレルギン
  • オルチニン
  • 亜鉛
  • トリプトファン
  • マカ
  • トンカットアリ
  • タウリン

この中で、特に重要と言われているのが、シトルリンアレルギンです。
他にも、バランスよく栄養補給をする事が大切です。

 

一般的なビタミンなどの栄養素とは違い、聞いた事がない栄養素が多いですが、これは身体の健康成分とペニスの増大成分の連動性が少ない事を意味しています。

 

サプリ

つまり、健康的な食事によって栄養補給してもペニスが大きくなるとは限らず、ペニスのために考えられたスタミナ料理やサプリメントを補給できているかでペニスの大きさは決まります。

 

人によっては、必要な栄養素をペニスまで伝達しにくい方もいるので、ペニスが小さい人は人よりも多くの栄養素を補給したり、伝達効率をよくする働きのある栄養素もバランスよく摂取する必要があります。

 

 

鍛え方

ペニスは鍛える事で大きくする事もできます。
具体的には、ひっぱったり、刺激を加える事によってペニスが強くたくましいものへパワーアップしていきます。

 

包茎の人は早めに包茎を治すと、亀頭の表皮が強くなり太くて大きく成長していきます。
ほかにも若いうちから性行為を繰り返すと、女性の腔内との摩擦で強くなって、包茎が治りやすく、ペニス全体が黒くなっていきます。

 

このようにペニスは適度に使ったり、刺激を加えていく事で鍛えられてサイズアップにつながります。

 

また、大きさに直結する要因としては、勃起の膨張率を高める事が大切です。
フル勃起を繰り返していくと、徐々に皮膚が広がっていって、勃起時も平常時もサイズが大きくなります。
精力剤を服用する事で、通常の勃起時よりも高い膨張率にさせて、徐々に全体的なサイズアップにつなげられます。