遺伝だからといってペニスの自分の小ささを諦めてはいけません。

後天的にペニスが大きい事は可能か?

実際に大きさで悩み相談をする方から多く寄せられる質問です。
結論を先に述べるとペニスは後天的にサイズアップする事が可能です。

 

ペニスの大きさは医学的な解明が進んでいる

ペニスが小さい事の理由は次のものがあります。

  • 男性ホルモンが不足している
  • ペニスが求めている栄養素の伝達が抑制されている
  • 竿の部分が皮膚の中に埋没している

 

原因は人それぞれですが、精力剤でホルモンバランスを整えたり、必要な栄養素を補充する事ができれば、ペニスは大人になってからでも大きくできます。
また、埋没している部分を露出するように、トレーニングや外科的治療、栄養補給で解決すれば、サイズアップできると医学的に証明されています。
近年では、ペニスのサイズについての解明が進んでいる事で、様々な治療法が進化して、効果が大きく治療費用も安くなっています。

 

ペニスの大きさが遺伝による影響度は軽微

ペニスが小さい悩みを抱えている方の中には「親も小さいし遺伝的なものだから仕方ない」と諦めている方もいます。
これまでも、医学的に遺伝による影響が大きいと考えられていました。
しかし、最新の研究結果では遺伝が与える影響は少なからずありますが、あくまでも軽微で後天的な要素の方が大きいと考えられるように変わりました。

 

例えば、戦前の日本は和食中心の文化で日本人は身長が低く、肥満率も低かったです。しかし、欧米の食文化が浸透するにつれて、身長や体重など日本人の体格に変化が起こってきました。
1945年では30歳男性の平均身長は160cmだったのに対して1990年には170cmを越えて約10cmも大きくなっています。

 

このように、生まれてきた時の遺伝や先天的なものではなく、食生活など後天的な要素でペニスの大きさを含めて、身体の特徴は大きく変化します。

 

 

ネットの口コミ投稿では、喜びの声が多数

喜ぶ男性

ペニスの治療法には、精力剤や、メンズクリニックでの日帰り手術、トレーニングなど様々な方法がありますが、それぞれ実際に経験した方の口コミ投稿がネットに拡散しています。
全てが満足する結果の内容ではありませんが、後天的にサイズアップの成功した喜びの声が多数あります

 

本当にサイズアップできるか不安を持っている方は、それぞれの商品や治療法を体験した口コミ投稿をネットから閲覧してみるとよいでしょう。

→精力剤によるペニス増大