ペニスは大きい方が人生においてメリットがあります

男のシンボルでもあるペニスは、人によって大きさが様々です。
ペニスの大きさは体格と比例せず、小柄な方でも大きい物を持っている事もあれば、身長や体重が平均以上なのにペニスは小さい事もあります。
ペニスは世界共通で小さいよりも大きい方が男性からも女性からも評価されます。

 

実際にペニスが大きいと、どのくらい人生の幸福度が大きくなるのか?
当サイトは口コミ情報を集めて独自に検証しました。

 

幸福度

 

 

大きいペニス、小さいペニスの目安とは

日本人のペニスの平均サイズはおおよそ次の通りです。

 

  • 勃起時長さ 約13cm
  • 平常時長さ 約8cm
  • 直径    約3cm

ちなみにアダルトビデオでは、竿の裏側にメジャーを当てて、タマの部分も含めて測定している事もありますが、
本来は上から、竿の付け根を起点に長さを図ります。

 

ちなみに日本人のAV男優で大きいと言われている人は、長さがおおよそ15cm~18cmです。

 

 

ペニスが小さい人がサイズアップをすると劇的に人生が変わる

「後天的なペニスの増大は可能か?」のページで詳しく紹介していますが、ペニスは後天的に大きくできます。

 

また、「ペニスが大きいと得をすること」「ペニスが小さいことによる弊害」でも紹介していますが、大きいとメリットが多く、小さいとデメリットが多数あります。

 

つまり、ペニスが小さくてコンプレックスを抱いている人が、何かしらの方法でサイズアップに成功すると、それまでのコンプレックスが自分の自信に変わり劇的な変化を手に入れます。

 

ペニスが元々多い人は、人生の幸福度に対して普通と感じている人が多いですが、後天的にサイズアップした人の口コミを聞くと、大満足という回答がありました。

 

 

サイズアップに成功イメージ

 

 

ペニスの大きさは人生の全ての場面で影響を与える

ペニスの大きさは長い人生で常に大きな影響を与えています。
次の例をご覧ください。

 

思春期の男性同士のボーイズトーク

小学校高学年から中学生あたりにかけて、男の子は誰のが大きくて、誰のが小さいなどといった、ペニスのサイズの話題をするようになります。
小さいと馬鹿にされて、時にはイジメの対象になる事があります。

 

10代後半~20代のセックス全盛期

男性が最も精力が豊富なのが10代後半から20代にかけてです。
この時期から、複数の女性と経験を積める方と、童貞路線を突き進む人で格差が発生します。
全体的にペニスが大きい人の方が自分に自信を持てますし女性の満足度が高い事から勝ち組に入る事ができます。
ペニスが小さい人は、サイズがコンプレックスになって、初体験が遅れたり、千載一遇のチャンスを逃す場面が多い傾向があります。

 

社会人の若手時代

社会人になっても、下ネタトークは中高生レベルと変わらない事が多いです。
社員旅行や宴会芸などで下半身を露出する場面があると、ペニスが小さい事をネタにされる事も多いです。
また、営業職などはペニスのサイズが小さいと服を着ている時でも、自分に自信を持てずに苦労する事があります。

 

30代~50代の人生の中堅期

歳をとってくると、疲れやすく温泉やスーパー銭湯などの大衆浴場を利用する機会も増えてきます。ペニスが小さい事へのコンプレックスは、それまでの人生経験で多少慣れてきますが、それでも完全に消える事はありません。
また、30代以降は精力のピークはさりますが、まだまだセックスをする機会はたくさんあります。ペニスが大きい人ほど、歳を取っても現役を長く続けられる傾向があります。

 

老後の生活

人間は健康を維持していっても、いずれは年老いて介護を受ける事があります。
排泄や入浴の介助を受けるようになると、ペニスが小さい事が原因で惨めな思いをしてしまいます。
最近ではペニス増大術や、包茎手術の技術が向上した事もあり、50代、60代の方が老後の事を考えてペニス改造に取り組む方が増えています。

 

このようにペニスの大きさは人生を左右しかねない程大事な要素だと言えます。
ペニスの大きさに悩みを抱えている方はいますぐにでも精力剤ランキングサイトであなたに合ったサプリメントを探してみてください。